ルールを守らないと痩せない!?朝バナナダイエットの落とし穴!

手軽かつ美味しくダイエットができる朝バナナダイエットが以前話題になりました。バナナは腹持ちもよく、朝食に食べるだけなら簡単で嬉しい!といった点から、朝バナナダイエットを実践している人も多いことでしょう。しかし、効果があると話題になった朝バナナダイエット、実はしっかりとルールを守らないと痩せないという意外な落とし穴があるのです。一体どんな落とし穴があるのでしょうか?

朝バナナの意外な落とし穴 その1

朝食にバナナを食べるだけの朝バナナダイエットには、意外な落とし穴が毎日の生活習慣に潜んでいます。いくら朝にバナナを食べても、夜寝るのが遅かったり、夕食の時間が遅いと意味がなくなってしまうのです。 朝バナナダイエットを成功させるには、①日付が変わる頃までには就寝する②夕食は夜の8時までに終わらせるということを徹底する必要があります。朝にバナナを食べればいいだけだから簡単という気持ちで続けることはできますが、生活習慣が乱れているといくらバナナを食べてもダイエットの効果は得られないのです。
これは、ダイエット全般においても当てはまることです。いくら運動をして食べものに気をつけていても、生活リズムがバラバラだと効果はしっかりと感じられません。

また、日頃からストレスを溜め込まないようにすることも大切です。私たちはストレスを溜めているとコルチゾールというホルモンを分泌します。このコルチゾールによって血糖値が上昇しやすくなります。血糖値が上昇しやすい状況になると果糖を多く含むバナナを食べるのは控えないといけなくなるので、朝バナナができなくなってしまいます。日頃からストレスを適度に発散して、体に疲れを溜めないことも重要なのです。

朝バナナの意外な落とし穴 その2

朝バナナでダイエットをするのなら、上記でも説明したように規則正しい生活習慣を送ることが必須条件となります。それと合わせてバナナの食べ過ぎには注意しなければいけません。
バナナを毎日4本以上食べ続けると、バナナに含まれるシュウ酸という成分が体内に増えすぎて、尿路結石になる確率が高まります。また、バナナ100グラムにカリウムが380ミリグラムも含まれているため、うっかり食べ過ぎると高カリウム血症になる恐れがあるのです。
良かれと思い食べているバナナで怖い病気を招くことにもなってしまうので、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

正しく朝バナナダイエットをしよう

朝バナナでダイエットの効果を実感するためには、正しく実践するのが一番です。朝バナナダイエットは、1日のどの食事をバナナに置き換えても良いダイエット法になります。朝に食べる人が多く手軽であるということから朝バナナと言われるようになりましたが、実際には1日3食のうちどこに置き換えても問題ありません。そして、食事をバナナに置き換える際に1、2本のバナナと水を飲むようにします。その他の2食は、普通の食事をして構いません。
この正しい方法で朝バナナダイエットを実践すると、以下のような効果が得られます。

  • ビタミンB2、B6、ポリフェノールが豊富なので、お肌の新陳代謝を高め美肌に近づける。
  • 食物繊維によってコレステロールの吸収を抑えることができ、便秘予防にもぴったり。
  • カリウムによってむくみを予防してくれる。

ダイエットの際に必要とされている栄養素は、バナナにはたくさん含まれています。よって、朝バナナでダイエットの効果を実感したいのなら、正しい方法で続けることをオススメします。

朝バナナは1本や2本では物足りなくてつい食べ過ぎたり、お腹が減って間食をしてしまうことがあります。ダイエットの効果を実感するためにも朝バナナの注意点や落とし穴を踏まえて正しく行うようにしましょう。バナナに含まれる栄養素を知って、なぜダイエットに有効なのかという点をきちんと把握することも大切と言えます。栄養満点なバナナを美味しく食べるためにも、正しい朝バナナダイエットのやり方を知っておきましょう。

まとめ

簡単だけど効果抜群ということから話題になった朝バナナダイエット。バナナを食べるだけという手軽さが人気の理由と言えます。腹持ちもよく、3食のうち1食をバナナに置き換えるだけで良いのでとても簡単です。

しかし、朝バナナには食べ過ぎてしまう恐れや尿路結石、高カリウム血症といった病気のリスクが高まる恐れがあるので注意してください。そして、効果を実感するためには、夜ふかしはせずに夕食は夜の8時までには済ませるようにしましょう。生活リズムもきちんと整えることで、朝バナナの効果もしっかり感じることができるのです。

人気の朝バナナダイエットにも落とし穴があるということを知り、正しく実践するようにしましょう。バナナを食べるから痩せるというよりは、生活リズムを改めるから痩せやすい体になるという見方が正しいですね。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る